会社案内

HOME > 会社案内 > 沿革
 
沿革
昭和20年 12月 会社設立、本社(大阪朝日ビル)・東京支店(朝日ビル)・北野工場(大淀区)にて
      各種冷却装置の設計・制作・施工を行う。
昭和23年 1月 第一回増資。
昭和27年

12月

静岡県清水市に清水出張所開設。
昭和29年 3月 高知県室戸市に室戸出張所開設。
昭和31年 11月 神奈川県三浦市に三崎出張所開設。
昭和32年 11月 大阪市淀川区に新工場落成、三国工場として発足、北野工場は閉鎖。
      新たに営業種目に化工機器類の設計・制作・施工を加える。
昭和33年 2月 大宝工業(株)を設立。
  12月 当社が納入施工する冷却装置設備の遠洋漁船が1,000隻を突破。
昭和34年 2月 神奈川県横須賀市に浦賀サービスステーション開設。(昭和43年7月三崎出張所に統合)
  3月 静岡県焼津市に焼津出張所開設。
  8月 宮城県石巻市に石巻出張所開設。
  11月 宮城県気仙沼市に気仙沼出張所開設。
昭和35年 9月 大阪市西淀川区の旧東洋水工(株)を買収し、佃工場として発足。
      新たな営業種目にポンプ、バルブ類の設計・制作を加える。
  12月 第二回増資。
昭和36年 8月 (株)福陵製作所を系列下に入れる。
  12月 摂津市別府に摂津工場用地を購入する。
昭和38年 10月 北海道札幌市に札幌出張所開設。
  12月 営業種目に各種建築の設計・施工・請負を加える。
昭和39年 5月 福岡県福岡市に福岡出張所開設。
  6月 高知県高知市に高知種崎出張所開設。(昭和52年4月高知出張所と改称)
  11月 第三回増資。
昭和40年 1月 徳島造船産業(株)を系列下に入れる。
  3月 当社が納入施工する遠洋漁船が2,000隻を突破。
昭和43年 6月 清水出張所に新工場及び事務所落成、支店に昇格。
  7月 青森県八戸市に八戸サービスステーション開設。(昭和49年8月出張所に昇格)
    北海道釧路市に釧路サービスステーション開設。(昭和46年4月出張所に昇格)
昭和44年 3月 当社が納入施工する遠洋漁船が3,000隻を突破。
  5月 広島県尾道市に尾道出張所開設。
  10月 第四回増資。
    第五回増資。
昭和45年 5月 北海道室蘭市に室蘭出張所開設。
  6月 ホール・サーモタンク・インターナショナル社と冷凍コンテナ用冷凍ユニットに関する
      技術提携をなす。
    長崎県長崎市に長崎サービスステーション開設。(平成21年4月出張所に昇格)
  10月 大阪支店を開設。
昭和46年 1月 摂津工場第一期工事完成。
    オールインワン型空調ユニット及び冷却コイルの制作を開始。
  4月 新潟県新潟市に新潟造船現場事務所開設。(昭和48年1月出張所に昇格)
    三重県四日市市に三重造船現場事務所開設。(昭和52年3月に廃止)
  12月 三重県伊勢市に伊勢出張所開設。
昭和47年 1月 鹿児島県枕崎市に枕崎サービスステーション開設。(昭和50年1月出張所に昇格)
  2月 静岡県西伊豆町に西伊豆サービスステーション開設。(平成元年2月に廃止)
  3月 当社が納入施工する遠洋漁船が4,000隻を突破。
    ノルウェー国「モス・ローゼンベェルグ・ヴェルフト A.S.社」と煙道ガスプラントに関する
      技術提携をなす。
    西ドイツ「I.G.W.ヴィット・ウント・ゾーン社」と軸流送風機に関する技術提携をなす。
    静岡県下田市に下田出張所開設。(昭和53年2月に廃止)
  6月 石川県内浦町に小木サービスステーション開設。(平成2年12月出張所に昇格)
    鳥取県境港市に境港サービスステーション開設。(昭和52年7月出張所に昇格)
  10月 鹿児島県串木野市に串木野サービスステーション開設。(平成5年9月出張所に昇格)
  11月 和歌山県那智勝浦町に勝浦サービスステーション開設。(平成8年8月に廃止)
  12月 摂津工場第二期工事完成。
    軸流送風機及び冷凍コンテナの制作を開始。
昭和48年 4月 イギリス国「エフロ・トリートメント社」(エフロ・インターナショナル社と改称)と
      舶用汚水処理装置に関する技術提携をなす。
    宮城県塩釜市に塩釜出張所開設。
    大分県臼杵市に事務所を開設。(昭和50年2月出張所に昇格)
  7月 愛媛県今治市に今治出張所開設。(昭和57年11月に廃止)
  8月 鹿児島県鹿児島市に南九州出張所開設。(平成5年8月に廃止、串木野出張所ヘ統合)
    香川県詫間町に讃岐出張所開設。(平成9年4月にサービスステーションに改称)
  9月 北海道函館市に函館出張所開設。
  10月 三国工場敷地内に本社総合事務所完成。
    三国工場第二期工事完成。
昭和49年 3月 当社が納入施工する遠洋漁船が5,000隻を突破。
  9月 山口県下関市に下関出張所開設。
昭和50年 3月 イギリス国「アレキサンダーエスプレン社」と舶用油分離装置に関する技術提携をなす。
    第六回増資。
  10月 ノルウェー国「クバナー社」と日商岩井(株)と当社で合弁会社「日新クバナー(株)」を設立。
  11月 三重県尾鷲市に尾鷲サービスステーション開設。(平成6年6月に廃止)
昭和51年 2月 宮崎県南郷町に宮崎サービスステーション開設。(昭和52年7月出張所に昇格)
  3月 ノルウェー国「K.S.ムンクネス社」(ヒルコ・インダストリエル社に改称)と陸上・船舶用焼却炉
      に関する技術提携をなす。
  4月 北海道稚内市に稚内サービスステーション開設。(昭和53年11月に廃止)
    北海道根室市に根室サービスステーション開設。
  7月 岩手県釜石市に釜石出張所開設。(平成16年12月に廃止)
昭和52年 6月 イギリス国「ケイアード・アンド・レイナー社」と船舶用造水装置(海水蒸留装置)に関する
      技術提携をなす。
  7月 舶用汚水処理装置に関し、アメリカ合衆国沿岸警備局より、USコーストガード型式承認を
      得る。
昭和53年 3月 当社が納入施工する遠洋漁船が、6,000隻を突破。
  4月 室蘭出張所閉鎖。(昭和56年6月に再開)
  8月 佃工場を売却。(三国工場ヘ統合)
  11月 青森県大畑町に大畑出張所開設。(平成4年4月に廃止)
  12月 舶用焼却炉に関し、ノルウェー船級協会より、型式承認を得る。
昭和54年 8月 系列会社徳島造船産業(株)を売却。
  10月 石川島播磨重工業(株)とエチレン酢酸ビニール共重合発泡体を利用した防熱内張施工に
      関する技術提携をなす。
昭和57年 9月 福島県いわき市に小名浜出張所開設。
昭和58年 4月 スイス国「スルザーブラザース社」と船舶用LNG再液化装置の製造に関する技術提携を
      なす。
昭和59年 3月 当社が納入施工する遠洋漁船が、7,000隻を突破。
  4月 「日新クバーナ(株)」を「日新ガスエンジニアリング(株)」に社名変更する。
昭和62年 4月 スウェーデン国「スタール社」と合弁会社「日新スタール(株)」を設立、運搬船向冷凍
      冷蔵装置の設計、制作、施工をなす。
    イギリス国「ハウデンコンプレッサーズ社」と圧縮機の販売代理契約をなす。
平成元年 1月 静岡県沼津市に沼津出張所開設。(平成7年7月に廃止)
平成 3年 1月 「日新スタール(株)」を「日新フレクトスタール(株)」に社名変更する。
平成 7年 8月 本社所在地を三国総合事務所(淀川区)に移転する。
平成12年 6月 「日新フレクトスタール(株)」を「日新ヨーク(株)」に社名変更する。
平成13年 2月 ISO9001(設計・開発、製造・据付、及び付帯サービスの品質保証モデル)取得。
平成17年 1月 摂津工場を閉鎖 三国工場に生産を集約する。(跡地 三井物産(株)に賃貸)
平成19年 9月 東京都大田区に東京支店を移設。
平成20年 3月 千葉県勝浦市に勝浦現場事務所開設。
  12月 静岡市清水区愛染町に事業用地を購入する。
    大阪府茨木市(元社宅地)に単身者向賃貸マンション建設。
平成21年 3月 静岡市清水区愛染町に中部支店新規開設。(清水区三保の旧中部支店閉鎖)
平成23年 3月 三国工場建屋全面改修工事。
平成26年 2月 枕崎出張所を移転する。
平成26年 11月 宮崎出張所を移転する。
平成27年 9月 根室出張所を移転する。
平成28年 12月 境港出張所を移転する。


ページの上部へ